太陽光発電にしてよかったと思えること

できることなら自宅に太陽光発電をとりつけられたらいいな、と思っていますが、まだ今のところ具体的に導入の予定はありません。
すでに太陽光発電をとりつけた家に住む人たちの感想として、太陽光発電にして良かったと思えるのは電気に対する意識が変わったこと、という話をよく聞きます。

太陽光発電にしたのだから、これまでよりも多くの電気を使うようになるのかと思いきや、せっかく作れた電気なのだから、少しでも節電してたくさん残したいと考えるようになったと言います。
これには、純粋に太陽光発電で電気が作れてよかったという気持ちと、もう一つ現実的な想いがあると思われます。
というのも、太陽光発電をするには専用の機器を設置する必要があり、それは決して安いものではありません。
そうなると、今、余った電気を買い取ってもらえる仕組みができていますから、節電して使うことによって、売れる電気の量が増えることになるのです。
売れる電気がどんどん作れれば、それだけ早く太陽光発電システムを導入した費用を回収できることになりますから、太陽光発電を始めた人ほど節電意識が高まるようです。
これは結果的に太陽光発電というクリーンなエネルギーで作られた電気が増えるということになりますから、電力会社が温室効果ガスを排出する電気を作る量も少なくなることになると思います。
回収費用がでたなら、あとはただで電気を使うことができることを思うと、お財布にも地球にもやさしい状態を作り出せることが、何より良かったと思えることだと思います。