山梨は太陽光発電に向いた場所

山梨というと、晴れ渡った空の下、華麗な姿でたたずむ雄大な富士山を思い浮かべる人も多いと思います。
それほど山梨というと晴れというイメージがありますが、これは実際にその通りであると言えます。
データによると、山梨は一年中でもっとも日照時間が長い都道府県なのだそうです。

日照時間の長さと晴れの日の数は必ずしも連動していませんが、日照時間が長いということはそれだけ太陽が出ている時間が長いということになりますから、単純に言えば太陽が出て晴れていることが多いと言えそうです。
太陽が出ている時間が日本中で一番長いということは、太陽光発電ができる時間も日本一長いということになります。
山梨は富士山のイメージですが、富士山しかないわけではなく、山梨にも商業施設が建ち並ぶ中心都市があると思います。
そうしたビルが建ち並ぶエリアでソーラーパネルの設置はどこにすべきか悩むところでしょうが、もしもちょっとそうした都会を離れたところにある家なら、条件はもっとよくなりそうな気がします。
太陽光を遮るもののない住宅地の中に建つ家なら、太陽光を受け取るのに最適な角度と向きにソーラーパネルを設置することで、最大限に太陽光を集めることができるでしょう。
これに長い日照時間を組み合わせれば、効率よく電気を作っていくことが可能になると思います。
太陽光発電は、その設置条件として最適な山梨から、どんどん導入していってほしいものです。