山梨でも自分で使う電力は発電する時代

南北に長い日本列島、その中心付近に位置する山梨はもっとも太陽光発電に適した土地柄です。
日照時間は長く、空気は澄んでいます。どちらも太陽光発電をする場合に必要な条件です。
その条件をクリアしているのが山梨です。
東日本大震災後、エネルギーを見る国民の目が違ってきました。
自分の家で使う電力は、自分の家で発電することが省エネだけではなく災害対策にもなります。
日本には多くの断層があります。しかも、富士山が噴火するのではないかという予想まであります。
富士山が噴火すればその噴煙により撒き上がった火山灰が、電線などに積もることにより断線するのではないかと思いいます。
まさかの時でも、自分の家で発電することができる太陽光発電があれば安心です。
しかも、再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まっています。
すでに太陽光促進付加金が各家庭から徴収されているのです。
太陽光促進付加金とは、太陽光発電の余剰電力を買取る経費を、電気を利用するみんなで負担するというものです。
つまり、再生可能エネルギーの全量買い取り制度により買取られる電力は、この太陽光促進付加金により買取られているのです。
太陽光発電で発電された余剰電力を、みんなが負担しあって買取っているということになります。
それならば太陽光発電を始めた方が得だということになります。
しかも、余剰電力の買取価格は年々下がるというのですから、早く始めた方が得だということになります。