山梨県で導入

最近、太陽光が注目を浴びています。
太陽光は無限にある再生可能エネルギーであり、有害物質を含みません。
そこで、最近唱えられている家庭からの温室効果ガスの排出量抑制や、地球温暖化防止のために太陽光発電や、太陽熱による温水器などの普及が求められています。
国では予算を設けて、太陽光発電システムを導入する家庭に対して、設置前の申請による助成金を支出しています。
また、各自治体においても地球温暖化防止や再生可能エネルギーの利用の観点から、太陽光発電の普及を促すために補助金制度を設けています。
山梨県では、日照時間が長く晴れた日が多いことから、太陽光発電に適した気象条件を有しています。
そこで、住民による自発的発電を促し、地球環境へ配慮しようという目的で、太陽光発電システムを新たに設置する家庭に対して補助金制度が設けられています。
補助金額は、10万円か、もしくは融資額のうち金利を1パーセントとした利息部分の低い方が限度額となっています。
太陽光発電システムの設置には、100万円を超える費用がかかってしまうため、このような補助金制度を利用すると、設置費用を抑えることができます。
そこで、山梨県で太陽光発電システムを新たに設置する人の多くが、この補助金制度を利用しています。
また、山梨県では、余った土地を利用して大規模太陽光発電所の建設を進めています。
大規模太陽光発電所があれば、安定した電力の供給が可能となり、電力不足にも対応できます。