審美性が高く好評な京セラの太陽光発電

晴れた空の下に太陽光発電のパネルが整然と並んでいる屋根たち風景は美しくて見ていて心地よくなります。
もともと太陽光発電パネルは黒く光り美しいものですがその並べ方や、モジュールそのものの見た目もこうした審美性に大きく関わってきます。
綺麗だな、と思う太陽光発電のモジュールがあったならそれは京セラの太陽光発電システムを取り付けた屋根かもしれません。
京セラは携帯電話などで有名な会社ですがそのデザイン性の高さと機能性の両立が評判です。
さまざまな形のモジュールを取り揃え、屋根に隙間なく美しく並べることは見た目の美しさだけでなく発電効率、発電量を上げていく上でも重要なものです。
京セラは日本初めての多結晶型シリコンの大量生産を始め、住宅用に販売した会社でもあります。
早くから太陽光発電を一般住宅に取り付ける可能性に気づいた会社なのです。
そのパイオニア精神がより美しく隙間なく一般家庭にクリーンなエネルギーをたくさん届けたいという今の技術につながっているのです。
また京セラのメリットは太陽光発電のシステムの材料となるシリコンを作るところからモジュールを組み立てるところまでを全て自社で行っているところです。
そのため確かな品質のモジュールを高い均一したレベルで使用することができるのです。
多くのメーカーはコストの関係からこうした作業を外注します。
でも品質管理のしやすさを考えたら自社生産が一番安心といえそうです。
かたくなに自社生産し続ける京セラのこだわりを感じます。

また京セラの太陽光発電電池はその耐久性でも折り紙付きです。
太陽電池業界発の試験を合格し耐久性での承認を受けました。
こうして何十年も長持ちする太陽光発電の礎ができているのです。
その自信が太陽光発電の10年保証です。
あまり10年間保証するというメーカーは少ないのですが京セラは以前から10年保証を取り入れ、アフターメンテナンスにもチカラを入れているのです。