太陽光発電の仕組みを知る

太陽光発電は環境にやさしいエネルギーです。
そのエネルギー源は日光なのでもちろん基本的に無料ですし、太陽光発電は発電の際に火力発電のように二酸化炭素を発生させません。
すごく便利ですごくクリーンなエネルギーということは知っていてもなかなかその仕組みまでをしっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。

まず、太陽光発電とは太陽の光のエネルギーをダイレクトに電気に変えてしまうところがすごいのです。
太陽光を受けると太陽電池の中に電気が発生します。
この電気により色々な電気製品を動かすことができます。
太陽電池はコンピューターなどに使われている半導体というもので出来ています。
日本はこの半導体の技術が高かったことにより太陽光発電の分野でも世界をリードしました。コンピューターの技術が太陽光発電などのクリーンエネルギーの技術につながったのです。
太陽光が入ってくる側の電極には半導体にたっぷり光が入ってくるようにくし型の電極を使います。
二つの電極に電気回路をつなげると太陽電池で発生した電気は外部の回路に流れて電気製品などを使える電気になるのです。
でもこの太陽光発電は電池とはいえ、電気を貯めておく蓄電機能はついていないのです。
つまり日光があたっている時だけ発電するしくみです。
雨のときや夜のあいだには蓄電池に貯めておくか、電力会社から電気を買取しなくてはいけません。
電気がたくさん発電できて余った時には電力会社に売電して足りなくなった時には送電網を通じて電気を買い取るというのが基本的な太陽光発電の仕組みです。
こうした電気のやり取りの形を系統連系といいます。
逆に送電網を使わないで蓄電池などで独立して電気をやりくりする方法を独立系といいます。
都市部では系統連係が盛んです。送電線などの設備がしっかり有りコストも安くて済むからです。
一方人里離れた僻地などでは独立系の電気はとても便利です。
こうしたさまざまな太陽光発電の仕組みがあるのです。